理事長あいさつ

 公益財団法人 神奈川県都市整備技術センターは、県内の都市基盤整備事業の円滑かつ効率的な推進と向上を図るため、平成元年に神奈川県により設立され、また、 平成25年4月には、新たな公益財団法人としてスタートし今年で3年目を迎えました。

   この間、公共工事の発注者支援や建設発生土受入地の整備運営、さらには、市町村職員等を対象とした土木技術に関する各種研修・講習会開催などの取り組みを進めてまいりました。

   現在、高度経済成長期に集中的に整備された道路・橋りょう等の社会資本ストックが、今後急速に老朽化することが懸念されており、その多くを管理している地方公共団体では喫緊の課題となっております。このような中、当技術センターでは、県内市町村における道路施設の維持管理を円滑に行うため、地域一括発注による点検、評価(診断)を行うとともに、点検後のデータを「道路施設維持管理共同システム」に取り込むことにより適切な維持管理計画の策定と修繕に繋げられるよう、市町村に対する支援を一層強化してまいります。

   今後とも公益財団法人として、災害に強いまちづくり、活力ある社会基盤の整備に向けて貢献してまいる所存でございますので、皆様方のご支援、ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

riji2
公益財団法人 神奈川県都市整備技術センター
           理事長網倉 孝