理事長あいさつ

  神奈川県都市整備技術センターは、平成元年に財団法人として設立され、公共工事にかかる設計積算・現場技術業務の受託、技術講習会の開催、建設発生土受入地の整備運営などを通じて、県内自治体等による都市基盤の整備や維持管理の円滑かつ効率的な推進を支援し、快適で魅力あるまちづくりに貢献してまいりました。

 平成25年4月からは公益財団法人に移行し、県内各地域の一層の発展を支えるという使命を果して行くため、業務の充実に取り組んできたところであり、近年では、道路法改正により道路施設の定期点検が義務化された中で、複数の市町村を一括した点検業務の発注や、点検結果を反映した道路施設維持管理共同システムの運営など、市町村からのニーズを踏まえた業務を拡充しています。
   
 また、市町村等の土木技術職員を対象とした研修・講習事業においては、総合的な技術力の向上を目指して、災害査定実務者研修やi-Construction推進のための先端技術の研修など、内容の充実を図っています。

   今後も、さまざまなニーズに的確に対応しながら、”安全・安心に暮らせるまちづくり”、”活力あるまちづくり”に貢献できるよう、役職員一同、地域になくてはならない公益財団法人としての自覚をしっかりと持ち、技術水準の向上等に不断の努力を重ねてまいりますので、引き続き、皆様方のご指導、ご鞭撻を、よろしくお願い申し上げます。
                                        
                                        理 事 長  志  村  知  昭